« チャイティー | メイン | 足が痛い! »

3人の男性

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

そんなおめでたい歩ですが、ちょっとだけドロドロしたお話し。
急に思い立ったのですよ笑
あの、大韓機のこと。

日本人拉致問題にとって、「大韓航空機爆破事件」は特別な意味を持っていますね。
115人の命を奪った爆破テロは、
もう一方では日本人拉致被害者の存在が明らかにされるきっかけとなったからです。

爆破事件の実行犯である金賢姫は、その後の取調べを経た会見で、
日本人に成りすますための教育係「李恩恵(リ・ウネ)」について証言しました。
そして、「拉致」という言葉が公の場で初めて、北朝鮮の工作員によって語られたんですよね。

「私が日本人教育を受けた李恩恵という女性は、
北朝鮮によって1978年に拉致されて来た日本女性です」

その後出版された金賢姫の手記によれば、
1981年7月から1983年3月までのおよそ20カ月の間、
生活を共にし、日本語はもちろん履物の整え方から化粧の方法まで学んだという。

その李恩恵とは、1978年6月に失踪したとされていた日本人・田口八重子さんと同一人物であることがその後の調査で明らかにされた。
拉致した日本人を、北朝鮮工作員の「日本人化教育係」へと追い込んだのだ。

1970年代から1980年代にかけ、多くの日本人が不自然な形で行方不明となっていた。

これらの事件を結び付け、“外国情報機関が関与しているのではないか”と分析し、
北朝鮮の関与を匂わせた記事が、
1980年1月7日「アベック3組ナゾの蒸発事件」として『サンケイ新聞』一面にも掲載されました。

この、金賢姫は、捕えられたときに自殺を測っているけど、
それを食い止めた男性が3人いるらしいのですよね。

あーここまで長かった。
3人についてはまた今度(えーー?)。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.orionboats.com/mt3/mt-tb.cgi/68

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2018年01月02日 18:14に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「チャイティー」です。

次の投稿は「足が痛い!」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38