« 干された人 | メイン | ホームページ作成 »

コリン星

コリンエステラーゼっていう数値が低いって言われたら何をどうしたらいいか。

コリンエステラーゼ阻害ざいってのがあります。
コリンエステラーゼ阻害剤は、アセチルコリンを加水分解するコリンエステラーゼの作用を阻害することで、コリン作動性神経の機能を増強して、

結果、コリン作動性神経が分布している部位(副交感神経の効果器、骨格筋など)に対するアセチルコリンの作用が強まります。

だから何??ですよね笑

そもそも、コリンエステラーゼが低いってどういうことなのか。

コリンエステラーゼとは(ChE)は、肝臓だけで生産される酵素の一種で、
コリンエステルという神経伝達物質の一種をコリンと有機酸に分解する働きをします。

コリンエステラーゼは肝細胞で作られるため、ChE値が低くなると肝機能の低下が疑われます。

そこで、血液を採取してコリンエステラーゼの値が低くないかを確認することで、
肝臓になんらかの異常がないかを調べる検査を行います。

低いとどうなるのか。
コリンエステラーゼが低い場合は、肝臓の働きが低下している可能性があります。

目の白い部分がよどんでいる場合は注意しましょうね。
って、鏡にゴーーー!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.orionboats.com/mt3/mt-tb.cgi/64

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2017年09月01日 04:37に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「干された人」です。

次の投稿は「ホームページ作成」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38